世界にひとつだけのあなただけのフラワーパステル画講座

ふんわ~りイメージしてみて下さい(⌒⌒)

朝に家族が集まるリビング。
そこにはみんなに「おはよう!今日も元気いっぱいの1日を!」と語りかけてくる、あなたが心をこめて描いた一枚の絵がある暮らし・・。
夕方には、まだ誰も帰宅してないお部屋の中で、一番最初に帰ってくる人を今か今かと笑顔で迎えてくれるあなたの描いた美しいお花たちがある暮らし・・。
イメージしてみて下さい^^ あなたのやさしい思いがあふれている、やさしい空気のお部屋・・♡

そんな日常の幸福を楽しむ感性をお持ちの女性へ、お勧めしたい表現の世界・・・1枚の絵を描くたびに出逢える感激と幸福感に満たされるパステルコースのご紹介です。

それが基礎からはじめる「お部屋を彩るフラワーパステル画講座」です^^

本物のお花を使い、細かく丁寧に監察することからスタートするこのフラワーパステル画講座では、絵の経験の無い方や、いつか本格的に習ってみたかったと仰る方まで、幅広くお楽しみいただいています。

その理由は、パステル画を描くための「画家の目の使い方」「最初の一歩から全てをフルコースで」学んで頂けるから。

鉛筆の削り方からスケッチのしかた、構図の決め方や画面構成の仕方や潜在意識への働きかけかた、型紙の作り方、パステルの色つけ設計のしかた、実際の制作、空気感の作り方、遠近の出し方、絵画表現のコツの数々。

・・本来なら何年もの時間をかけて、幾つもの講座に通い学ぶことを、1コース3週間というスピードでまるっとひとまとめにしました。
そんな、まるで小さな美術学校のような「表現とそれに関するアレコレをまとめて」手取り足取り、1からお伝えする、特別なクラスです。
しかも、「全て自分で観て盗め」と言われる美術の世界における知識や経験を、杉本が37年のアート専科の中で学んだ全てから、パステル画を描くために必要なことを抽出して、そのエッセンスを惜しむことなく公開しています。

大人だからこその最速の学び方として、理論を理解して最短で絵の基本を手に入れる・・というひとつの方法。
 
一生もののスキルとして、フラワーパステル画とその観察眼が末永くあなたの暮らしを彩るお役立て頂けましたら幸いです。
 





「みのりさんの描くお花は、ハードパステルを超えて、まるで水彩画のよう・・。
私もこういうパステルと画を描きたかったんです。」

 

 

 

日々頂くことが増えたのが、

「可愛らしい絵も好きですが、それだと今の等身大の自分とはちょっと違う。。」

「もっと今の自分に響く世界があると思って、インターネットでパステル画の画像検索をしていましたがなかなか見つからず諦めていました。
でもみのりさんのハードパステルの世界を見つけて、その瞬間”これだ!”って直感したんです。」

という、なんとも嬉しいお声です。(ありがとうございます^^)

 

 

 

そして同時に、こんな正直な想いも打ち明けられております。

「でも・・こういう絵画みたいなハードパステル画は、みのりさんだからこそ描けるのでしょう?」

いえいえ、講座にいらっしゃるかたの4割は、「学校の美術くらいしか絵は描いたことがありません。○十年ぶりのアートです。」と仰るかたたちなんです。

 

そんな「自分には描けそうにない気がします・・」と同じように仰っていた方たちの実際の作品を、まずはご覧ください^^

 

講座の時間内に描いていただく作品は、この辺りまでの仕上がりを目指していただけます(生徒さん作品)

 

 

それでは、「自分にこんな風に描けるのかしら?」と仰っていた方たちが、なぜ初日からこんな素敵なアート作品を自分の手で描いて、お家を絵で彩って愉しむ暮らしに変わっていけたのでしょうか?

 

それは・・杉本のプライベートのために使っていた3つの制作メソッド+1をお伝えしているからです。

1・必ず生きた本物のお花を自分の目で観察・スケッチし、パステルで描くこと

2・ハサミ・カッターナイフ・お化粧用コットンなど、日々使い慣れている道具を基本に使うこと

3・型紙があるからこの複雑なパステル画が何度でも再現レッスンすることと

+1・1ヶ月間、ご自宅にいながらオンラインフォローを使って、まるで家庭教師のように付きそうから、いつでも分からないことを聞いて頂ける

 

それぞれのメソッドをもう少しずつご説明いたしますね

その1・人の「視野」には「感動を生み出す空間」がある

「カメラで撮った写真を写したり、ネットの画像を写しても同じに描けますよね?」と聞かれることがたびたびあります。

私的にはその方法には、正直に言うと、、何ともお返事が難しいのです。

その理由は、カメラは一眼、私たちは二眼でこの世界を観ているということです。

そして二眼で観るからこそ人間の持っている「感動を生み出す空間」というものを私たちは持っている事を、経験上見つけたんですね。さらにそれは、両方の眼で見る視界の中の、とても狭い空間だったりします。
ところがその空間で捉えた世界が、とても力強い魅力を持つのです。

そのことに私が気付いたのは、大好きな作家さんの個展にお伺いした時でした。
この視界を使って描いた作品だけが、観て下さった方の大きな感動を生んでいる事に気付いたのでした。

だから、講座のフラワーパステル画では、その感動視野(杉本造語)を使った観察をしていただいています。

 

 

 

その2・使い慣れた道具だけを使う

フラワーも白の世界も曼荼羅花アートも、杉本の講座では使い慣れた道具で要となる型紙制作をしています。

だから「描く・表現する」ことが、自然に暮らしの延長になれるんですね。

例えば、カッターナイフで型紙を切り抜いたり、お化粧水のコットンが筆がわりになったり、チークを塗る化粧筆(100均でOK!)が画用紙の上を動くやさしいゴミ取り筆になったり、「消す」為に使っていた消しゴムが「白い絵を描く」ために使われたり。

だから「使ったことのない道具に手間取ってしまう」ということがありません。

むしろ、「この道具がこんな風に使えるの!?」と、新しい発見をお楽しみいただけることと思います。

 

その3・型紙があるから何回でも再現できる

どのパステル画もそうなのですが、「型紙がある」ことでご自宅でのレッスンでも何度でも再現していただくことが可能です。

しかもその型紙は杉本も一緒に対面の日に設計しています。

なので離れていても大まかな手順は、あなたと私の頭の中にちゃーんと在るんですね^^

色違いで描いてもよし、少しパターンを変えてもよし、あなたのペースで描いていただけますのです☆

-生徒さん作品より-

 

-同じ型紙で描いて下さった作品より-

 

 

+1・3週間の手厚いフォローで寄り添います

通常、ひとつの図柄をレッスンしたらそのままで終わってしまうのが多くのパステル講座です。

ところが、本当にアドバイスが欲しくなるのは、ご自宅に戻られてから「一人で描いてる時」なんですね。この時に疑問が解けないと、そのまま描かなくなってしまわれるもったいない経験をされた方も多いとお聞きしています。

そのためこちらの講座では、ご自宅で「さて、困った・・」「ここはどうやってたっけ?」と困った時こそ、安心して気持ちよく描いていただけるように、実際に対面でお会いしているときと同じように手厚いフォローが3週間続きます。

この期間は、対面講座の時にしっかりと、お一人お一人の描き方の癖や傾向を丁寧に観ている杉本だから、自分自身の37年の経験の中から「今その方に最も合い、その方のイメージに近づけられる方法」を引っ張り出してこられます。

 

このフォロー期間を上手にお使いいただけることが、あなたの表現の世界を最速でびゅーんと!広げていだける秘訣です。

フォロー期間集は、かゆいところに手が届く、あなた専用の家庭教師でありたいと願っています。

 

 

 

オールインワンで学べる利点

さて。

美しい景色や感動の瞬間と出会って、それを心のスケッチとして描き遺しておきたいとき、自然にわいてくる「今の自分にあったらいいな」のチカラ。

「描きたい絵」へ近づくために、たくさんの必要不可欠な基礎スキルがほいし時、

デッサン教室・ぼかしを身に付ける水彩画教室・パステル講座、もしかしたらアートの歴史、構図の勉強・・・。

今のあたには、いくつの講座が必要でですか?

 

この計9週間にもわたる3回シリーズの講座は、杉本自身が欲しかった全ての要素をオールインワンに入れ込みました。

なぜなら、私自身が、この分量を学ぶために、これまで30年以上というあまりに長い時間がかかってしまったから。。

だけど、、今まではパステルの学び場で、それら全てをまとめて学べる場所がなかったんです。。

 

 

なら、私が作ろう!

だから、できるだけ最短期間に、考えられるだけ簡単に、どなたにもハードパステルで本格的なアートを暮らしの中で楽しんで頂けることを願ってこのコースをお届けしようと思いました。

これまで杉本の学んできた全てのノウハウの中から、型紙系パステル制作に特化して、あなたに必要な濃いエッセンスだけをギュギュッとつめこんであります。^^

 

お花の構造によって型紙の設計が変わってくる

この講座は3回コースを標準としています。理由はお花の構造は幾つかの種類があって、設計が変わってくるからです。。

大きく分けて約7つ。

・桜やコスモスのようなシンプルで少なめの花びらのもの
・ひまわりやガーベラのように、一見シンプルだけど花びらの枚数の多いもの
・薔薇や芍薬のように複雑花びらを持つものひまわりやガーベラのように、一見シンプルだけど花びらの枚数の多いもの
・百合や桔梗のように筒型のもの
・蘭のようにお花ひとつでは絵としてインパクトの足らないもの
・あじさいや菜の花のように集合しているもの
・フリージアのように曲線だけの構成で成るもの

上から順番に、スケッチ・型紙つくり・絵としてまとめること・・の難易度が上がっていきます。

だから、最低3種類の構成のお花を描いて頂ければ、お一人で制作されるようになっても一人の力でお楽しみいただけるのではないかと、講座を構成しています。

もちろん、いきなり3回をご受講されることが難しい方は、1回だけのコースへお越し頂いていますのでご安心下さい。

 

そんな熱い想いへ、ご受講頂いた方からはこんな感想と後日メールを頂いています

「私もリアルなバラが描けました!母がものすごく喜んでくれて、壁に飾ってもらっています」

「正直、薔薇は私にとって一番手こずったお花でした。でもそのおかげでできあがりの感動はひとしお!すごい、私!」

「自分の誕生日プレゼントに、薔薇をプライベートで受けに来ました。こんな風にパステルが描けたことがなかったので、ものすごく幸せで嬉しいです。言葉にならない・・涙」

「一番描きたかったヒマワリが思い通りに描けた事に感激です。色違いをフォロ-期間に2枚描きましたが、型紙があるおかげで違う雰囲気の作品が計3枚!大満足の3週間です!」

「自宅の庭に咲いているお花や木々を、こんなに愛おしく観る日がくるなんて・・。母が育てている花が、心のオアシスになりました。四季折々のこの(お住まいの)あたりへ向ける目が、感謝に変わりました」

「講座で描いた型紙で、おうちであと2枚、色違いで描きました。両親が気に入ってくれて、すべて壁に飾ってあります。見るたびに、みんなが笑顔になって、家族の会話が増えました♡」

「今まで”空気”まで描いたことがありませんでした。そもそも空気って描くものなの?と思っていたので、どう描けばいいのか全く解りませんでしたが、その理由ややり方を知って、目から鱗です。これから私の絵が、全く違うものになると確信しています。」

「今回の薔薇が3回の内で一番満足! 3回目にして思うとおりのお花になりました!」

「私の中にこんなに可憐で繊細な私がいたことに、驚きつつ照れています。でも家族には”その薔薇はとてもあなたらしいね”と喜んでもらえて、言葉も反応にも、私が一番驚いています。」

「娘が結婚することになりました。来月お相手のご家族との会食がありますが、その場で私の描いたフラワー画をカードサイズに印刷して、ご挨拶に使いたいと思います。」(ちなみに、この方の描かれた白いシャクヤクの花言葉は「幸せな結婚・幸福な暮らし」です♡

 

全員に共通するご感想は、「ああ、今まで何十年もの間、なんてもったいないことをしてきたんだろう!って思いました。」というものでした。

それはどういうことですか?へ頂いたお答えは、、

「ひとつのお花にさえ、こんなにも知らないことが沢山あったなんて・・。これからは何を見てもその命の美しさと造形の美しさに感動する自分で居ると確信しています。」

「すでに講座の帰り道からすぐに、足を止めて道ばたの草花を愛おしく眺めていた自分に気付いて心から驚きました。」

「今までと世界が変わってしまったんです!もう"本物に触れない絵”は描けない。心の真ん中が”それは違うよ”って教えてくれるんです。」

と講座の後のご様子をお話しして下さいます^^

そして、他にも

「両親が私の絵を楽しみに待っていてくれるなんて、今まででは考えられないことです。」

「仕事を終えて疲れて帰宅しているはずなのに、心からの喜びは身心をこんなに癒やしてくれるんですね。今は帰宅してからのお花を描く準備やイメージングで、毎日が充実して元気でいられます」

「自分のためだけに使う時間がこんなにも幸せで満ち足りたきもちになれるなんて、初めて知りました。自分のためにと思い切って受講してよかった。本当に生き方が、その心持ちが180度変わったんです。言葉にできません。」

 

 


では、なぜそんな「特別なコース」を「短時間」で学んでいただけるのでしょうか

それは、アート専科37年の杉本が、観察・分析を繰り返して、全てのスキルの中からパステルに特化して組み立て直した「粉パステル画のための描き方メソッド」を持っているからなんです。

特に型紙を作る前半作業には、日本画の基礎技法をふんだんに取り入れています。

単なるパステルの知識だけでは足りない、水彩画、油絵、彫刻、版画、空間認識・・そしてアートの歴史。

実は私は、人一倍コンプレックスや悩みを抱えていたからこそ、これまでに積み上げてきた多くの回り道で学んできた経験と、独自にまとめた「上手に描くコツ」を持っていて、それを言語化して伝える事ができるようになりました。

その経験がこんな風に皆様のお役に立つ日がくるなんて・・人生って不思議だなぁと思わずにはいられません。

 

そんな杉本はどんな人か?を少しお話しさせて下さい

私、杉本みのりは、現在20歳と19歳の二児の母。
夫と共に自然大好き、生き物大好きな、ディープなナチュラリスト一家のお母さんです。

飼ったことのない種(しゅ)は、たぶん無いくらい。あらゆる生き物が可愛く愛おしく、面白くて、観察の興味は尽きません。毎年大自然に触れています。東京のド真ん中に暮らしながら、東京の街の中をカヌーで移動するような、そんなアウトドアの一面もありながら、反対にオタクのように籠もりきりでパステル制作する一面も、両方の私がそのままの私だったりします。

 

 

そして「ものづくりLOVE」な素質は、建築屋の父、工芸作家だった母の影響が濃いと思います。

だから、子どもの頃から好きだったことは、学校の美術の時間と秘密の基地作り。
大好きな美術の時間が多いという単純な理由で、高校は美術専科へ行き、そのまま美大へ進みました。

大学では工芸工業デザインを学び、純粋美術から枠を広げて暮らしに活かせる機能性・デザイン性を追求することも経験しました。

就職は父の元で設計に就き、併行して学生時代からの工芸作家の助手も続けました。今でも都内随所に当時の絵付けをさせていただいた懐かしい仏像が遺っています。

15歳から今までで学んだのは、日本画、水彩画、油絵、木炭/鉛筆デッサン、平面構成、テキスタイル、陶芸、金工(鍛金・鋳金・彫金)、彫塑(石・木・FRP等)、工業デザイン、設計、和紙工芸、漆・柿渋作品、、などなど。
扱ってきた画材はもっと多く、、
こして振り返ると、文字通り、アート一色の人生ですね(笑)

だからこその、講座をご受講下さったみなさまから、
「どこよりも専門性が高いのに、説明が解りやすい!」
「何を質問しても的確に解りやすく答えを出してもらえる」
と、ご安心いただけるのは、かつて私自身が沢山迷い、散々悩んできた経験があるからだと自負しています。

 

そんな私ですが、みなさんから驚かれるのが、実は私には「絵に大きなコンプレックスがあった」ことなんです。

私にとって、絵とは、最初から、ずっと長い間「高得点を取らなくてはならないモノ」だったんですね。
だから何のジャッジもされないで「心から楽しんで描く」という、大切な、もっとも純粋な動機を、ずっと長い間忘れていたのだと思います。

そんな私でしたが、人生の一大事に・・それは子どもの命に関わることが起きた時に、祈りの気持ちやわき上がる想いを託すナニカが欲しくて「もう一度絵を描こう!」という衝動に駆られたのでした。

そこから毎日パステルに触れる日々が続き、いつの間にか「教えて欲しい」とご依頼いただくようになり、今日に続いています。

 

 

このコースは、基本的には絵の経験は問いません。

ただし、このコースは「カッターナイフを多用」いたします。
美術の時間にあつかっていた程度のカッターナイフの使用が可能なかたなら、どなたでもいらしてくださいね。

また、まったくの初心者の方でしたら、コメント欄にその旨お書き添え下さい。
モチーフをシンプルなお花に絞り、初心者の方に描きやすい素材からスタートいたしましょう。

 

まずは一輪から、文字通り世界に一つだけのあなただけの型紙を用いて

世界にたったひとつのオリジナル作品を描けるあなたになりませんか?

・今から専門学校には入れないけれど、実は本格的に学びたいと考えていた方、
・杉本が実践しながら点と点を結んだコツを、するっとそのまま効率よく要点学習されたい方、
・自分にあった作風を探されている方、
・よりご自分のハードパステル画の経験を深め、世界観を広げたい方
・どんなモチーフでも描けるようになる、型紙の設計という特殊な技法を知りたい方、

2018年も昨年から引き続き、女性が芸術と深く関わることが運気をぐーんとあげる!と言われています。
しかも今年は女性が女性としての特性を生かすことで、さらに幸せになれる年回り。

継続して五感を使いながら、【ナニカに集中する時間】を持ち続ける大切さが、
これからの時代、心身両面のバランスをとるのには最適だとも提唱されています。

今は絵をご習得されるのには最高のタイミングだからこそ、本気の方へ!
私のできる限りのチカラを注がせていただきますね。^^

 

 

この講座は毎回、パステル講座としては見応えある作品を描き上げます。
そのため講座のたびに、大きなサイズの特注額縁をおつけしています。

ご自宅に戻られてすぐに!描いたばかりの季節のお花でお部屋を彩っていただけますよ。^^

 

対面講座ののちの3週間のオプション選択オンラインフォローアップでは
3週間後の終了がさみしくなるほど、濃い交流を交わした大切な仲間となることでしょう。

純粋に「描く」を楽しむとともに、チャレンジ、ブラッシュアップと交流を深めていただける貴重な場としてどうぞお役立てください。

そしてどうぞ「間近で杉本の描き方に接する」最も使い倒していただける機会にしていただけましたら、幸いです。

 

 

お申込方法

1・この後のキャンセルポリシーをお読み下さってから一番下のフォームにてご送信下さい。

2・直後に自動返信でお申込を受け取ったご連絡をお送りいたします。
 ※万が一届かない場合は、ご連絡下さい。 
  ( minori.sugimoto☆rainbowflow.jp )☆を@に替えてご送信下さい

3・その後24時間以内に、ご選択いただいた決済方法の詳細をご連絡させていただきます。
 ご決済後のお席確保となります。(分割をご利用の方は1回目のご決済終了後)

4・地図・お持ちのもの等確認連絡を差し上げます。

5・ご希望の方は、飯田橋駅近辺のカフェで実物の作品をご覧いただきながらお話しできます。スカイプでの説明も行っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

この講座は、特に、お一人お一人をよく観察させて頂きながら、常に最善の作業を組み立て直しつつ制作を進めます。

杉本にとっても、もっとも集中してエネルギーを使う講座です。

そのため、ご新規の募集は4名様まで限定です。
気心知れた少数の仲間とじっくりと取り組んでいただけます。

 

杉本がつきっきりであなたをサポートする各3週間!
基礎からはじめるお部屋を彩るフラワーパステル画講座詳細

2018年開催講座は、グループレッスンの1回・3回コース選択枠は全て満席になりました。ありがとうございます。

 

プライベート1回/3回のみ受け付けています。 再受講は年内は受付終了しました。

※3回コースのプライベートは、別途会場費(2万円×3回)が必要になります。

※1回コースはグループ・プライベート共に同料金です。早期割りはありません(日程はご相談に応じます)

※予定してるお花は講座2日前に確定します。(お花屋さんの仕入れにより変動あり)

※4回目以降のご受講の方は、再受講として2万円/1回(オリジナル型紙制作・フォロー込み)です。
テキストと額縁は、別途ご希望の方へご用意いたします(有料 )

 

  お花(予定) お席
5/13(日) 芍薬(一重) 満席
6/10(日) 小花の構成 満席
7/8(日) ひまわり 満席
8/3(金) ひまわり 満席
8/8(水) シンプル花の構成 満席
9/5(水) バラ 満席
10/3(水) 秋桜 満席

 

オンライングループ活動期間・・・各対面講座から3週間の間

※グループはその後もfacebookが在る限り残してありますのでいつでもご覧いただけます。
 事前にfacebookで杉本みのりにお友達申請してください。
 facebookアカウントの無い方はご相談下さい。

 

場所・・・最寄り駅・飯田橋駅/後楽園駅/春日駅

  来場確定のかたへ詳細をお送りしています

 

持ち物・・・ご自分のパステル道具一式をお持ち下さい。(一式の詳細は下記参照 )

 練り消しゴム、プラスティック消しゴム、カッターナイフ、カッティングボード、筆記具は必須です。
 コットンパフ・画用紙・スプレー・パレット用用紙は会場にもございます。

 

受講費・・・

3回9週間コース・・・定価 298,000円(税別) 

 

1回3週間のコース・・・120,000円(税別)

 1回コースは早割はありません。

 引き続き3回コースにスライドご希望の方は定価との差額精算でご受講いただけます

 

再受講・・・20,000円(税別 )/1回3週間

 ※テキストが必要な方は 4,000円/一冊 (会場でご用意以外のお花はテキストが無い場合もあります )

 

決済について・・・お申し込み頂きましてから48時間以内に振込のご案内を差し上げます。当方のメール配信日より5営業日以内のご決済をお願いしております。

銀行振り込み(一括・振込手数料はご負担下さい )または、PayPal(クレジットカード利用)一括/3分割/5分割。 
 ※PayPalご利用時には、別途4パーセントのPayPal手数料と登録が必要となります。
  PayPalは世界中で一番多く利用されている安心機構です。クレジットカード情報は、私には一切知らされません。

 

講座費に含まれるもの・・・初回時にクロッキー帳(月光荘)&鉛筆 各回毎に、テキスト 特注サイズ額縁(マットシート込み ) モチーフ代(お花)。毎回の印刷代 型紙用紙 作成時のベースシート

 ※再受講の方は、会場のお花以外を描きたい場合は、お花をご持参下さい。(その際はテキストが内場合もあります)

 ※お花はその季節に揃えられるもになりますので、予定していたお花が仕入れによって変更になる場合がありますことをご了承下さい。

 

お持ち帰り頂けるもの・・・当日の作品 当日に作成した型紙一式 額縁セット (初回のみ )クロッキー帳 鉛筆

 

受講資格・・・どなたでも。
 クロッキーやデッサン、パステル画の経験は問いませんが、絵の経験を簡単にコメント欄にお書きください。

 ※この講座はカッターナイフを多用します。あえてひとつ条件を加えるなら、一般的なカッターナイフの使い方に問題ない方が対象となります。

 

道具をお持ちでない方・・・ハードパステルの基本道具一式(下記参照 )が必要な方は、希望者へ一式の代理購入ございます。 
 申し込み時にコメント欄からご依頼下さい。

 代理購入基本道具一式の必要な方 15,120円(税・手数料・バッグ・ポーチ込み)

 ※このサービスは一式でのご依頼に限ります。個別の用具の購入依頼は承れませんのでご了承ください。

 

基本道具一式 一覧・・・パステル(ヌーベル48色など ) 画用紙 コットンパフ プラスティック消しゴム 練り消しゴム 
カッティングボード カッターナイフ はさみ ぼかし網 30センチ定規(透明が望ましい) 字消し板 定借材スプレー
あれば・・ペン型消しゴム

 

☆当日にお持ち帰り頂く額縁の箱サイズは長手が50センチほどあります。
大きめのカバンや紙袋、または風呂敷などご用意下さい・

 

☆キャンセルポリシーをお読み頂きましたら、一番下にお申し込みフォームへのリンクがございます。

 

キャンセルポリシー

講座に関するキャンセルポリシー

当方では、お申し込みをいただく度に、すぐに必要備品の発注を済ませるとともに、この講座の開催日に向けて、様々な準備を進めていきます。

また、本講座は、私の目が届く少人数の方を対象としていますので、開催直前でのキャンセルがありますと、その理由がやむを得ないご事情によるものであっても、代わりの受講希望者が見つからないことによる当方の負担が少なからず発生してしまいます。

そのため 生徒様都合でのキャンセルへの返金は応じられませんのでご了承下さいますようお願い申し上げますし上げます。

万が一、当日にご来場できない場合には、他の講座開催日に変更にて対応します。

グループレッスン日程が合わない/日程がない場合は、会場費実費をご負担頂き、プライベートレッスンにグレードアップして頂く事が可能です。
例)東京会場の場合は、20,000円/1日 会場は規約によりキャンセル不可です

ただし、一回コースご選択の方は別途会場費のご負担は不要です。(変更の場合は会場のキャンセルが効きませんので変更日の会場費を別途ご負担いただきます)

地方会場の場合は、交通費・(場合によっては宿泊費)+会場実費を頂戴いたします。

その際には会場調整が必要ですので、予定が分かり次第、至急ご連絡を頂けますようお願い申し上げます。

パステル道具の代理購入・額縁の個別注文に関してましては、いかなる理由におけましても、お品物のお引き取りをお願いいたします。

万が一杉本都合での中止・延期がございましたら、全額ご返金または日程変更でのご受講を承ります。

天候や災害による変更は、日程変更にて対応いたします。

 

お申し込みフォームはこちらをクリックして下さい^^